雑誌『かぞくのじかん』Vol.51春 ほっとできる つらくならない まほうのような レッスンブック | こそだての樹
地域から探す年齢にあわせて探す

投稿日時:2020/3/2

雑誌『かぞくのじかん』Vol.51春 ほっとできる つらくならない まほうのような レッスンブック

対象   親子向け

 

特集

ほっとできる つらくならない まほうのような レッスンブック

チチンプイのプイ! と、まほうが使えたらいいな~。
あっという間にごはんができていたり、散らかった部屋が片づいたり。子どもにガミガミ言いたい気持ちがスーッと落ち着いたり。そんなウソみたいな方法を、いっしょに探してみませんか。自分1人ががんばるのでなく、できるだけやさしい方法で、できるだけだれでもできる方法で。ドーンと大きな幸せもうれしいけれど、小さなハッピイが、あっちこっちにある毎日もいいですよね。

 

■暮らしと心のごちゃごちゃをフワっと解決してくれる 7つのまほう

頭の中も、心の中も、家の中もゴチャゴチャしている……。そんないくつもの問題を、ふんわりと解決してくれるまほうの数々。毎日つづく生活だから、長続きする方法がいいですね。
手のひらのまほう/ポイポイかごのまほう/布がひらり目かくしのまほう/1度で2度おいしいまほう/玉ねぎの皮スルリのまほう/お米に氷をポンのまほう/苦労を半分にするまほう

■まほうのレッスン いちばん手をかけない リセット方法

「なんで怒ってるの?」(夫や子ども)「別に怒ってないよ」(私)こんな会話がくり広げられる橋田さん一家。忙しくなると家族の雰囲気がイマイチよくない……。「原因は家の中のこの散らかりにあるのかも――」と3人目の誕生を控え、“今、なんとかしたい!”橋田さん。さあ、どんなまほうをかけましょう?
●教えてもらう家族 橋田さん一家 ●アドバイスする人 島内紀子さん
1日1回テーブルがきれいになるまほう/子どものものが自分の力で“だいたいととのう”まほう/気持ちのよい台所をキープするまほう

 

第2特集

「だって、そんなに上手く生きられない」それでも、私らしくすすむ道

ほかの人はやさしいお母さんをしていて、素敵な女性としてなんだかキラキラしているように見えるのに、どうして私はこうなんだろう――。もっとまわりを頼ったらいい、そんなにがんばらなくていいと、声をかけてもらっても、なかなかそうできない――。でも、ほんとうは知っている。私は私なんだって。そんな思いを抱えている5人のお母さんの生き方です。

SPECIAL INTERVIEW

坂本美雨 さん ミュージシャン

一つ一つの言葉に対して丁寧に、いろいろな角度から、じっくりと考えて答えを見つけようとする坂本美雨さん。ご自身の子ども時代のこと、今の子育てのことや娘との関係。やがて紡ぎ出される言葉は美雨さんの音楽世界のように、温かくて心地よく、勇気をもらえるメッセージでした。

 

新連載

ワタナベマキさんのおいしい近道
今日のごはんを「おいしくつくりたい」という願いに、料理家のワタナベマキさんに答えていただくページ。「味に自信がない」「忙しいのに味つけに迷ってしまう」そんな人にオススメのワンタッチ調味料です。

  • 今号のテーマ あまから味のワンタッチ調味料

 

ワイワイガヤガヤのページ

  • へえー! そうなんだ!
  • 7つのまちがいどこだ?
  • きみへ手わたす3種の神器 真鍋真
  • 小学生のみんな!!「こづかいちょう」をはじめるよ――!

  • ■価格

    通常販売価格 840円(税込)

  • ■企画・販売/販売元

    婦人之友社
    〒171-8510  東京都豊島区西池袋2-20-16
    TEL : 03-3971-0101(土日祝を除く)
    URL : http://www.fujinnotomo.co.jp

  • ■WEBでの購入

    婦人之友社のWEBサイト
    詳細・購入ページへ

category
雑誌・書籍 

前のページに戻る